明治美術学会

学会員による展覧会・後援共催情報

2018年度



筑波大学所蔵石井コレクション公開研究会

日時 2017年6月3日(日)午後2時~4時 (開場:午後1時半)

場所 筑波大学東京キャンパス文京校舎1階 134講義室
〒112-0012文京区大塚3-29-1(地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅「出口1」より徒歩5分)

主催 筑波大学芸術系
協力 練馬区立美術館、明治美術学会、筑波大学芸術学美術史学会


趣旨
  筑波大学所蔵石井コレクションに係る研究活動の一環として、練馬区立美術館で展示される同コレクション中の池田龍雄作品をテーマとして、専門家による研究発表ならびに意見交換を行う公開研究会を開催する。

次第

開会あいさつ
 五十殿利治(筑波大学)

展覧会紹介
 喜夛孝臣(練馬区立美術館)
  「戦後美術の現在形 池田龍雄展-楕円幻想」紹介 

研究発表(14:20~15:40)
 佐藤玲子(川崎市岡本太郎美術館)
  「芸術と社会 池田龍雄と岡本太郎の絵画から」
 春原史寛(群馬大学)
  「池田龍雄《むれ》(「禽獣記」シリーズ)と1950年代の社会と美術をめぐって」

討議 (15:40~)
 喜夛孝臣、佐藤玲子、春原史寛、五十殿利治(司会)









過去の展覧会
2016年度の展覧会はこちら
2015年度の展覧会はこちら
2014年度の展覧会はこちら
2013年度の展覧会はこちら
2012年度の展覧会はこちら
2011年度の展覧会はこちら
2010年度の展覧会はこちら
2009年度の展覧会はこちら



*学会員に紹介したい近代日本美術関係の展覧会がございましたら、
展覧会情報をテキストデータや画像データなどのデジタルデータにてお寄せください。

連絡先
明治美術学会事務局
〒162‐8644 新宿区戸山1-24-1
早稲田大学文学学術院丹尾研究室内
明治美術学会事務局